経営方針・環境方針

経営方針

 地球の環境破壊は人類が熱エネルギーの利便性を知りその利用を拡大し続けた事が原因とされています。その認識から現在では熱エネルギー利用の抑制対策が継続的に行われている現状にあります。

 私達あしがら環境保全(A.K.H)は地域社会の皆様から、住環境と自然環境調和、保全を目指した環境事業に働く場を与えて頂いております。資源循環型社会の実現に向けたリサイクル事業(廃プラスチック中間処理・容器包装リサイクル法保管施設等)を基盤に安全で安心感のある環境事業を日々推進しております。 

 私達人間を創出した地球。この惑星の環境を継続的に維持する事を絶対的な責務とした現人間社会。その一員として私達社員一同は、これからも地域社会に役立つリサイクル事業を目指し努力して参ります。

代表取締役  加藤 誠一 

環境方針

 あしがら環境保全株式会社は、あしがら地域の豊かな自然を踏まえ、環境保全を中核とした事業に取り組んできました。
 地域及び企業の環境事業と自然環境とが、適正に共生した循環型社会システムと同時に、美しい自然を次世代へ残してゆくことを新たな命題として、地球環境保護づくりを目指しております。

1. リサイクル事業の推進により、資源回収率を高め、不法投棄防止等自然環境を大事にした、循環型社会を目指す。
2. 環境管理体制を整え、廃棄物の適正処理及び、システムの継続的改善と汚染の予防を進めると共に、顧客の環境改善ニーズに応じる。
3. 環境側面に関係して適用可能な法規制及び当社が同意する利害関係者の要求事項を順守する。
4. 環境活動にあたり実施可能な範囲で達成すべき「環境目的」を定め、その推進と維持に努め、見直しを行う。
5. 地球環境の様々な問題に、一人ひとりが知識を深めると共に顧客に信頼がおける環境経営事業を目指す。
6. 日々の事業活動で二酸化炭素等の排出を抑制し、温室効果ガスの増加を防止する。
7. この「環境方針」を維持実行するため、利害関係者及び組織で働く又は組織のために働くすべての人に周知徹底させ、ホームページ等で社外にも公表する。

 

2017年4月1日